JBSの人

K.I

ITソリューションエンジニア

K.I


2018年入社(文系専攻)

ITソリューションエンジニア

K.I

2018年入社(文系専攻)

K.I

仕事について

ヘルプデスクはナレッジの蓄積が強み。
新サービスの導入や既存サービスの見直しでビジネスに貢献したい。

ヘルプデスクでリーダーを担当しています。リモートヘルプデスクサービスをご契約いただいた法人のお客さま・ユーザーから、システムの技術・機能面の問い合わせに対応するのがチームのミッション。リーダーとしては、メンバーの工数管理、問い合わせの管理、お客さまとの調整や報告業務などを担当しています。
通常業務のほかに、新規サービスの検討や既存サービスの見直しプロジェクトも進行中です。JBSのヘルプデスクの強みは、知識や経験などのナレッジが積み上がっている点。問い合わせにどのように回答したかという記録やFAQ(想定問答集)がしっかりしているので、サービス品質が高く、迅速な対応ができる。そういったナレッジの強みを生かして、新しいサービスのアイデアを出したり、既存サービスの訴求ポイントの見直しを進めています。
サービス導入を検討されているお客さまへの提案に、営業担当とともに参加することもあります。提案活動に携わるにあたり、リーダーとしての課題は、ビジネス面でもっと会社に貢献すること。サービスの品質を高めるとともに、お客さまへの認知も高めて、多くのお客さまに利用していただきたいと思っています。

入社動機

ITを知らなかったことがかえって強みに。
お客さまの困っていることや潜在的な課題に気づける。

JBSに出会うまでは、ITはまったく未知の世界でした。大学時代の専攻も情報系ではないですし、友人の中でIT業界に進んだ人はほとんどいません。でも、知らなかったからこそかえって面白そうだと思ったんです。
就職活動のときは、どちらかというと海外とのやりとりができるような仕事に興味があり、商社やメーカーなどを中心に、幅広く説明会に参加していました。そのなかで、たまたまJBSに出会い、先輩社員と話す中で、『一緒に仕事をしたい』という気持ちが募りました。そして、新入社員研修のときからヘルプデスクを志望し、希望どおりに配属。
いま思えば、ITのことをまったく知らずに入社して、研修でイチから勉強したことが、仕事の強みになっているかもしれません。というのも、技術や機能面のことが分からないお客さまやユーザーの目線に立てるから。お客さまとの会話から、お客さまが気づいていない課題を見つけたり、改善案の提案にもつなげることができるからです 。
お客さまとは、ミーティングなどを定期的に開いてコミュニケーションを図っています。これからも、積極的な会話を通じて、どんどん相談していただける関係性を築いていきたいと思っています。

HOME