JBSの人

H.K

ITソリューションエンジニア

H.K


2015年入社(体育系専攻)

ITソリューションエンジニア

H.K

2015年入社(体育系専攻)

H.K

仕事について

現場の経験やお客さま目線を生かして
地に足のついたコンサルティングを目指す。

コンサルティングを専門とする部署で、システム導入の計画支援や定着化支援に携わっています。具体的には、お客さまに対して、システム導入後にユーザーにどのようなアプローチをすればシステムを有効活用できるかなどのアドバイスをしたり、研修を実施したり、ガイドライン作りの支援をしたりしています。
異動前は、プロジェクトマネージャー(PM)を3年ほど経験し、金融業界の大小さまざまなシステム導入プロジェクトをリード。多くのシステム導入に関わるなかで、システムを導入したものの使いこなせない、というお客さまもいることを感じていました。「システム導入の前後の段階でもっとできることがあるのでは」という思いで、社内公募に応募し、コンサルティング業務へキャリア転換をしました。チームで動くことの多い導入案件でPMを担うのは好きで、得意でしたが、現在のコンサルティングの部署では、より主体的に仕事を進めていき、一人ひとりが会社に貢献していくという能力も一層求められているため、そんな能力を高めたいという思いもありました。
コンサルティングは、理想の形を提案するイメージもあると思いますが、私は現場での経験から、作る側や使う側の視点や思いを大切にしながら、地に足のついたコンサルティングを目指したいと思っています。

JBSの魅力

いちばん大切なのは「人間力」
トラブルのときのチームワークや団結力は抜群。

大学時代は体育系の学部だったので、身体を動かすことが多くPCについてはまったくの初心者。就職活動の際、システムエンジニアへのあこがれは抱いていたものの、技術力の高い人材を求めているシステム系企業が多い中で、「素人の私にできるかな」という不安もありました。でも、JBSはほかのシステム系企業とは違ったんです。大切なのは人間力。プロジェクトは人が参加して動かしていくもので、人の心を大切にしていると感じました。
プロジェクトを進めるなかで、トラブルに見舞われることもありますが、別のプロジェクトの人たちや部署の仲間が助けてくれ、サポートしてくれます。問題が起きたときのチームワークや団結力はすごいものがあり、そんなときは特に、いい仲間に恵まれていると実感します。
また、個人がやりたいといったことをやらせてくれる社風があり、何かをやりたいと言って、「まだやめたほうがいい」という言葉はほとんど聞いたことはありません。
私自身、PMからコンサルティングにキャリア転換する前は、周りの人に相談して話を聞いてもらいましたが、きちんと自分の思いを受け止めてもらえて、自分が希望したタイミングで大切な決断ができてよかったと思っています。

HOME