JBSの人

R.T

ITソリューションエンジニア

R.T


2016年入社(理系専攻)

ITソリューションエンジニア

R.T

2016年入社(理系専攻)

R.T

仕事について

ITは、社会インフラの一部。
エンジニアは社会から必要とされていると実感。

大学では建築を専攻していましたが、自分自身が成長でき、社会から必要とされる人材になりたいという思いで、ITエンジニアの道に進むことを決めました。
ITやネットワークが大切な社会基盤だと身をもって感じたのは、入社1年目。ネットワーク設定を手分けして変更する作業をしていたとき、私が作業手順を誤り、通信が一時的に止まってしまったのです。幸い、すぐにエラーに気づき、先輩や運用チームとともに迅速に対応したことで、大きな問題にはなりませんでした。ただ、この経験からネットワークが止まってしまうと、社会や生活の機能も止まってしまう可能性がある。水道や電気、ガスといった社会インフラと同じくらい大切な機能なのだと実感しました。それ以来、作業では一つ一つの確認を大切にし、正確な導入や構築を心がけるようになりました。
いまは、幅広いお客さまに対して、社内のネットワークインフラの設計・構築を提供する部署にいながら、一部プロジェクトリーダーも担当しています。重要な社会インフラを担うIT環境を支えるエンジニアという仕事に誇りをもって、これからもお客さまや社会の役に立ちたいと思っています。

入社動機

主体的に動くことの大切さを知り、がぜん仕事が楽しくなった。
新しい技術の勉強を日々続けていきたい。

2年目に通信キャリアに常駐していたときのこと。まだ先輩の指示のもとで動くことが多い時期でしたが、お客さまから上層部に報告する説明資料を急遽作成してほしいとの依頼を受けて、手が空いていた私が担当することになりました。内容としては、2日間で、数百枚のプレゼン資料を10枚程度にまとめるというもの。かなり厳しいデッドラインでしたが、周りに聞きながら、なんとか間に合わせました。「Tさんが居てくれて助かった。ありがとう!」と常駐先のお客さまに言っていただき、これは社会人になって初めてお客さまから直接感謝された経験でした。積極的に周りに聞き、物事を動かしていく。主体的に動くことの大切さと面白さを学びました。
いま心がけているのは、事前の準備と日々学び続けること。提案も設計構築も、本来の目的は何かということを考えて、事前に気になったことはきちんと調べて対応することで、抜けやミスを防ぐことができます。また、技術の資格取得にむけた勉強で学んだことが、実際にエラー対応で活かせた経験もあり、日々の勉強が役立つことも実感しています。いままではオンプレミス環境の技術を中心に習得してきましたが、今後は、時流に合わせてクラウドに対応した技術の勉強も進めていきたいと思います。

HOME