JBSの人

H.C

ITソリューションエンジニア

H.C


2017年入社(理系専攻)

ITソリューションエンジニア

H.C

2017年入社(理系専攻)

H.C

仕事について

関係者との連携や、お客さまへの相談はスピーディーに。
時間を創り出し、新しいビジネスやサービスのアイデアを考えたい。

通信業界の社内向けサイト構築・運用のプロジェクトマネージャー(PM)を担当しています。入社当初は、金融業界の申し込みサイトのコーディングをしたり、マスコミ業界ではクラウド環境への移行とツール開発の案件でプロジェクトリーダーを担当していました。リーダーでは、設計構築、お客さまとの交渉、仕様の詳細決定を担っていましたが、PMの役割は、それに加えて金額面の交渉やスケジュール管理、課題管理、環境構築準備物の管理などが含まれます。
プロジェクトを進める際にもっとも心を砕いているのは、時間やスケジュールの管理です。関係者が多いと影響範囲が大きくなっていきます。トラブルを防ぐため、密に連携し、スケジュール遅延が発生するときは早めにお客さまに相談して対策を講じるなど心がけています。
以前担当した案件では、時間が足りないと思うこともしばしば。それが続くと、近視眼的になり作業をこなすだけになってしまいます。多角的に仕事のやり方を模索する余裕がなくなり、次に活かせる工夫ができないジレンマがありました。その経験から、作業の効率化を検討するなど、新しい仕組み作りにも時間を投資することが大切だと感じています。

JBSの魅力

自主性を尊重してくれるオープンな社風。
働き方や時間を管理できるのが自分には合っている。

従来のやり方や前例にとらわれずに、効率化を図ることができる点がJBSの魅力です。たとえば、私が所属する開発グループでは、案件に合わせて、案件定義書や設計書、マニュアルなどのドキュメントのテンプレートを変えることもできます。「効率化の観点から、こう変えたい」と提案して、妥当であれば受け入れてもらえる風土があるんです。
勤務形態が柔軟なことも魅力のひとつ。人によって働きやすい時間、集中しやすい時間帯が違いますが、業務が遂行できれば、フレックスタイム制度などを活用して自分にあった時間に働くことができます。私は集中力が高まる午前中に、周りの人との調整やミーティングなどを入れて、午後は自分だけで作業できるように予定を組んでいます。
今後よりよい環境で働くためには、目の前の作業だけではなくより上流の視点も意識する必要があると思っています。そのため、ビジネス視点で開発、設計作業に取り組めるように後輩との勉強会に時間を使うなど、多くのチャレンジをしていきたいです。理想としては、仕事の3分の1を後輩や自分のための教育の時間、3分の2を実際の作業の時間にすること。業務効率化を常に模索していますが、良い取り組みであれば受け入れてくれる職場なので感謝しています。

HOME