JBSの人

S.T

ITソリューションエンジニア

S.T


2019年入社(理系専攻)

ITソリューションエンジニア

S.T

2019年入社(理系専攻)

S.T

仕事について

入社1年目の大変な経験のおかげでいまがある。
経験を増やして、リーダーやマネージャーに挑戦したい。

自動車業界のお客さまに、クラウド環境の導入支援をするチームでサブリーダーを担当しています。サブリーダーは、全体の管理をするリーダーのもとで、技術面の課題解決やタスク実行などでほかのメンバーをリードする立場です。大学では、ITとはまったく関係ない分野を専攻していたので、専門的な知識は、入社後の研修や仕事の現場で学びました。
大変だったのは、1年目に担当した案件です。技術の知識がほぼ皆無だったうえに、海外のお客さまだったので、苦手な英語で技術的なミーティングをしたり資料を作成したり、難易度が高くとても苦しみました。でも、この案件に最後まで粘り強く取り組んだおかげで、「あのときを乗り越えられたから、なんでもできる」と、逆に度胸と自信がつきました。
現在は、案件全体を引っ張るリーダーを目指して、お客さまへの提案や設計構築といった実務経験を身に付けています。もともと人と関わること、何かを教えたりすることに興味があるので、将来的にはいまの上司や先輩たちのように、部下の仕事や働き方に関わるマネージメントにも挑戦してみたいです。

入社動機

ずっと成長し続けられる環境に身を置いて
人間的な魅力も備わったエンジニアになりたい。

就職活動をしていたときに、もっとも重視していたのは「自分がずっと成長し続けられる環境かどうか」ということです。IT業界を選んだのも、あらゆる業界の中でも変化のスピードが速いから。変化に対応することで、満足することなくずっと成長し続けられると思いました。なかでも、JBSは社員数が多く、若い人の割合が高いので、これからどんどん成長していくという勢いを感じました。
私の中に「エンジニア=ひたすらコードを書く人」というイメージがあって、それは嫌だなと感じていました。JBSの会社説明会では、社長が「歌って踊れるエンジニアを目指してほしい」と話してくれて、技術的なことだけでなく、人間としての魅力がエンジニアに必要だというメッセージに強く惹かれました。面接では、疑問点や聞きたい点はすべて質問して、納得して入社したので、入社前と後のイメージが違ったということはほとんどありません。かえって上司や同僚との仲の良さや、若手も仕事を任せてもらえる点は、想像以上でした。
いま、常に新しい技術や情報に接して、日々成長を感じていますが、今後はもっと積極的にお客さまや同僚と関わっていくことで、人間的な魅力を磨いていきたいです。

HOME