JBSの人

K.N

ITソリューションエンジニア

K.N


2013年入社(情報系専攻)

ITソリューションエンジニア

K.N

2013年入社(情報系専攻)

K.N

仕事について

「この人のようになりたい」と思える先輩と出会えた。
メンバーに気持ちよく働いてもらえる環境を作っていきたい。

JBSの採用面接で「この人と一緒に働きたい」という先輩社員に出会い、入社後も面倒を見てもらいながら、その背中をずっと追い続けてきました。初の仕事はサーバー導入案件の設計・構築。その後、先輩のようになりたいとリーダーに挑戦し、お客さまの国内外の拠点へのソフト導入・展開を担当しました。
そして入社5年目の頃、法律事務所の案件で、先輩から責任者の立場を私が引き継ぐことに。お客さまが、若手の私が担当することを不安視されていると感じたので、失望させないようにがむしゃらに取り組みました。技術面だけでなく業界把握や、コミュニケーションを図るなどして、システム環境の改善のために奮闘。1年半ほど経った頃、お客さまとの日々の会話の中で、私を必要としてくださっていることを感じ、がんばってきたことが報われたと思いました。この経験で、仕事の幅が広がり、ビジネスについても多くを学ぶことができました。
いまは、通信業のお客さまに常駐し、システムの運用業務全般を担当するリーダーをしています。メンバーが気を遣わずに困り事も話してくれるような雰囲気を作ることも私の役目。常にメンバーの状況に心を配り、気持ちよく働いてもらえるようにしていきたいと思っています。

仕事の魅力

互いの強みを持ち寄れば、大きな案件を実現できる。
JBSの仕事が継承されてきたことを日々の仕事で実感。

当時の私は、一人でサーバーを組み立てたり、設定をしたり、黙々と作業することが得意なタイプ。人と会話することはあまり得意ではありませんでした。でも、尊敬する先輩に付いて仕事を覚えていくうちに、リーダーやプロジェクトマネジメントなどを通して、チームを管理したり、お客さまと調整することの楽しさを学びました。気が付いたのは、いろんな人と協力することで、お客さまのために実現できる範囲がはるかに広がる点。JBSは、部署間での協力に積極的。それぞれの部署の強みやノウハウをもちよってプロジェクトにあたるので、大きな案件が実現できる。皆で大きなことを成し遂げる喜びを感じるようになりました。また、個人的にも、技術面でメンバーや他チームから自然に吸収していることが多く、プロジェクトが終わると必ず自分の技術力も高くなっています。
実は以前、古くなったサーバーの更改作業に携わった際、元々そのサーバーは、JBSの役員のひとりがエンジニア時代に設置したものだった、ということがありました。
仕事が社内で脈々と継承され、お客さまのお役に立ててきたことを実感し、私もより良いものを導入しようと仕事への思いを新たにした瞬間でした。

HOME