JBSの人

E.S

ビジネスソリューションエンジニア

E.S


2018年入社(理系専攻)

ビジネスソリューションエンジニア

E.S

2018年入社(理系専攻)

E.S

仕事について

3年目で新システムのプロジェクトマネージャーに。
自分に合った仕事に早いタイミングで巡りあえた。

入社3年目から、経費精算、請求書処理のシステム導入のプロジェクトマネージャー(PM)をしています。お客さまにシステムを入れていただけるよう提案するところから、実際に導入するまでの要件定義やシステム設定、お客さま側でのテストのサポート、稼働までの一連の業務を担当しています。このシステムは、JBSでもビジネス展開を始めたばかりですが、これまでのすべての導入案件でPMを任せてもらいました。社内でも、だんだんと「このシステムといったら、Sさん」と言われるようになり、うれしいながら責任も感じているところです。
ただ、これまで順調だった訳ではなくPMになる前は大変な時期もありました。お客さまのシステムの保守・運用の仕事で、さまざまなデータと向き合い、時間に追われる日々。1年経って、上司に「データ処理やプログラミングするだけでなく、お客さまとももっとコミュニケーションを取って仕事がしたい」と相談すると、今の案件の担当になりました。早いタイミングで上司に相談できて、自分が向いていることに巡りあえたことはよかったですね。
将来的には、いま担当しているシステムの導入件数を増やして、JBSの主要なサービスのひとつにしていきたいです。

仕事の魅力

お客さまに働きかけ、積極的にコミュニケーションを図る。
システム導入によって、お客さまの業務改善につなげたい。

プロジェクトマネージャー(PM)という仕事は、スケジュール管理、予算管理、メンバーの管理、お客さまとの調整業務と多岐にわたります。なかでもスケジュール管理は、その通りにいくことは難しいのですが、その分スケジュール通りに動いたときには、うれしいですね。自分が設定したスケジュールで間違っていなかったんだ、と。お客さま側に対応していただく作業も多く、資料を準備してもらったり、他社に確認や連絡をとってもらったりといった、働きかけを積極的に行っています。お客さまとのコミュニケーションを円滑に行うことが、プロジェクトがスムーズに進むために不可欠なんです。
システムはただ導入するだけというものではなく、本来の目的は、ユーザーの利便性を高めて、業務プロセスやフローを改善していくためのもの。お客さまの社内規定を改定するような大きな影響もあります。お客さまと一緒に、より良い業務フローを考えて、業務改革に取り組んでいけるという点がこの仕事の醍醐味だと思っています。
システム導入後にお客さまへの満足度調査を実施していますが、高評価や満足という評価をいただけたときが、「やっていてよかった」と思える瞬間です。

HOME