JBSの人

S.M

営業職

S.M


2017年入社(理系専攻)

営業職

S.M

2017年入社(理系専攻)

S.M

仕事について

人生いちどだけ。同じことの繰り返しよりも
日々新しい技術に触れる仕事が自分に合っている。

大学では食品化学を専攻していたので、食品業界や研究職に進む同級生たちが多かったなか、IT企業、それも営業という進路を選んだ私はかなり異色でした。同じことを繰り返す仕事は向いていない。日々新しい技術に触れて、人間として成長できるような仕事に就きたかったんです。
入社後に配属されたのは、大手金融グループ会社の担当営業。そこで、各種提案、契約関連、常駐のエンジニアとの調整業務、既存システムの運用・保守に伴う諸業務などを行ってきました。営業担当が私から変わることになった時、お客さまから「Mさんにはとてもお世話になりました。私たちの中では、このシステムといえば、JBSさんです」とメッセージをもらえたことがうれしかったですね。
いまは、固定のお客さまではなく、さまざまなお客さまに対して、ソリューション提案に特化した営業活動をしています。初めてソリューション提案で携わったのは、保険会社のリモートアクセス環境を構築する新規案件。1カ月半という短期間で実現し、お客さまのコスト削減やセキュリティ強化に貢献できました。この業界は、新しい技術がすぐに出てきて、日々勉強、刺激が多いところが自分にすごく合っていると感じています。

仕事の考え方

営業として業界の一歩先を見据える。
お客さまへの提案の幅を広げるための学びは
積極的に取り組みたい。

いま担当しているクラウドのソリューションには、たくさんのサービスがあり、最新技術や新しいサービスもどんどん出てきています。こうしたサービスや技術の知識をアップデートしつづけるのは大変ですが、積極的に学ぶようにしています。いま主流の技術の一歩先を見据えていると、お客さまへの提案の幅が広がるからです。JBSには、新しい技術を学ぶ体制も充実しています。社内外のセミナーへ参加もでき、チーム内での勉強会や情報共有なども活発。社員の知識欲を満たすサポートをしてくれます。
私は、入社後に初めて先輩についてお客さまのもとを訪問したとき、お客さまの話がほとんど理解できませんでした。メモしたノートをあとで読んでも何が書いてあるかまったくわからなかったという苦い経験があります。日々の営業の仕事のなかで、分からないことを自分で調べたり書いて覚えたりして、だんだんと分かってきたことやできることが増えてきました。
そういう意味では、一番の学びの場は、営業現場。お客さまがしたいこと、困っていることに粘り強く耳を傾けて感じることが大切です。これからも営業の経験をたくさん積んで、お客さまに良い提案ができるようにしたいと思っています。

HOME