JBSの人

S.K

営業職

S.K


2018年入社(文系専攻)

営業職

S.K

2018年入社(文系専攻)

S.K

仕事について

お客さまにしっかりと向き合って
営業力で選ばれるようになることが、究極の目標。

大切にしているのは「お客さまが実現したいことをくみ取って、提案すること」。そのために、メールとあわせて電話でもコミュニケーションをとる。お客さまにフランクに話してもらい、その中で細かいニュアンスをくみ取れるようなコミュニケーションを心がけています。
文系出身で、専門的な知識がほとんどない所からのスタートでしたが、入社1年目の終わりに単発で、ある新規のお客さまの案件を担当することになったんです。分からないことも多いなかで周りの方々にサポートいただきながら、お客さまの質問に一つひとつ応えていきました。最終的に「営業がKさんだから、JBSさんにお願いします」と言っていただいたときに、「お客さまとしっかり向き合ってきたことが認めてもらえた」と思いました。この経験は、私の営業の原点になっています。
いまは、提案営業の部門に所属し、専門的な製品やサービスの提案を行っています。提案は毎回コンペで、実績や提案内容、費用、営業の資質など総合的に判断されます。私の目標は、お客さまから「営業担当者でJBSさんを選びました」と言っていただけるようになること。常に複数の案件を担当していますが、「お客さまとしっかり向き合う」という原点は絶対に忘れないと心に決めています。

JBSの魅力

「人やハートを大切にする会社」
その印象は入社してさらに強くなった。

JBSの魅力はズバリ、“働いている人”と“人を大切にする社風”。私が就職活動をしていたときに、最も重視したのは「一緒に働く人がどんな人たちか」ということでした。IT企業が集まる合同説明会に参加したとき、JBSのブースに立っている人たちがほかの会社とまるで違ったんです。どの社員も感じがよく、人やハートを大切にする会社だということが伝わってきました。
役員とキャリアイメージを会話する中で「子どもができて働き続ける場合、子どもと仕事、どっちを優先するか?」という話題になり、「仕事ですかね…」と悩みつつ答えたことがありました。すると、「それはダメです。子どもにとってあなたの代わりはいないんだから子どもを優先してください。でも仕事もしたいなら、会社は全力でサポートします」との返答。社員のことを大切に考え、働きやすい環境を作ってくれる会社だということがわかりました。
その印象はいまも増すばかりです。同僚とも、自由に意見を言い合えて、風通しも良い。困ったことがあれば、上司に相談すれば、必ず良いアドバイスをもらえます。後輩たちも入社してきますが、私も相談しやすい雰囲気や環境作りをしていきたいですね。

HOME