JBSの人

倉持 萌

業務

倉持 萌
Mei Kuramochi
経済学部・国際経済学科
2007年入社

業務

倉持 萌 Mei Kuramochi
経済学部・国際経済学科
2007年入社

倉持 萌

仕事について

ひたすら社内で黙々と仕事をしていくのかな、と思っていたら違った。
お客さまともやりとりし、たくさんの「ありがとう」がもらえる仕事。

電話対応や請求書の発行、配送の手配、発注処理やシステムへの登録など、営業を幅広くサポートしていくのが、業務の役割です。営業にかわって、社内のさまざまな部署との連絡係や調整役になることもあります。技術部門に技術的なことを尋ねることもあります。
社内の人との関わりが多い分、社内に知り合いが増えて、困った時には助けていただいたりすることも多い仕事です。実は入社する前は、ひたすら社内で黙々と仕事をしていくのかな、というイメージを持っていたのですが違いました。
お客さまと直接やりとりをすることも少なくありません。そうしたやりとりを重ねていくうちに名前を覚えていただいて、私宛に依頼が来たりするようにもなりました。そうなると直接、お客さまから感謝の言葉がいただけたりする。これが、うれしいんです。長く担当している外資系のアパレルメーカーは、せっかくだからと営業担当者が同行させてくれて、ご挨拶に行きました。営業からも、お客さまからも、ありがとうがたくさん聞こえてくる仕事。絶対にないと困る仕事です。人のお世話が好きな人に向いていると思います。

就職活動のアドバイス

自分がどういうときに頑張れたのか、をまず考え、
私は”人”を重視すると決めました。
自分が納得できるまで、やりぬくことが大切。

就職活動では、最初に自分はどういうときに頑張れたのか、を考えてみました。例えばアルバイトならどうだったか。ひとつの目標に向かってみんなで頑張っていたとき、だったんですよね。まわりの人に恵まれて、自分らしく頑張れたのだと思います。だから、”人”を重視することにしました。一緒に頑張ってくれる仲間になれそうな人たちがいる会社に行きたい、と。
実はITにはネガティブな印象を持っていました。堅そうだし、楽しくないんじゃないか、と。ところが、ひとまずは行ってみようと思ったJBSの説明会で、ちょっとこの会社は違うぞ、と感じました。社長の話も面白かったし、何より先輩たちがみんな楽しそうにしていました。明らかに、みんな仲がよさそうだったんです。こういうところで働きたい、とピーンと来てしまって。しかも当初、営業で受けていたんですが、面接官の方から業務のほうが向いているかもしれない、とアドバイスをいただいたりもしたんです。私にとっては納得度の高い就職活動になりました。
大事なことは、納得するまでやり切ることだと思います。自分が決めたことなら、多少苦しくても頑張り続けることができるから。何より新卒の就活は人生に一度だけ。納得を追い求めてほしいと思います。

HOME