JBSの人

神野 麻衣

業務

神野 麻衣
Mai Jinno
文理学部・教育学科
2013年入社

業務

神野 麻衣 Mai Jinno
文理学部・教育学科
2013年入社

神野 麻衣

仕事について

同じことを繰り返す、単なる事務ではない。
時には営業に代わって見積書を作ったり、お客さまとも接したりすることができる仕事。

就職活動の際に一般的な事務職として、毎日同じことを繰り返す仕事よりも、時にはお客さまとも接したりできる営業アシスタントのような仕事がいいな、と 思っていました。そこで知ったのが、営業事務という仕事。この職種に絞って活動していて、出会ったのがJBSの業務の仕事でした。
仕事は大きく2つ。営業担当者にかわって担当するお客さまからの電話対応や見積書作成などを行うこと。もう1つは、請求書や納品書の発行などの事務処理を 行うこと。営業担当者は事務処理は行いませんし、営業に代わって見積書を作成することは毎日のようにある。お客さまからは、担当である私宛に電話もいただ きますし、製品の知識も必要になります。そして責任も求められる。まさに、単なる事務ではない仕事でした。
心掛けているのは、先を見据えた仕事をすること。例えば、急ぎで見積もり依頼をいただいたということは、納品もお急ぎの可能性が高い。そこで先に納品期日 をお伝えしたり、なるべく早く納品できる業者を探したりもします。ご挨拶をする機会のあったお客さまから、「いつもすばやい対応をありがとう」とお声をい ただけたときは、うれしかったです。

JBSの社風

上司でも先輩でも、何でも聞いていい、という空気がある。
だから、ITの知識がなくても
新人時代からすんなり仕事に入って行けた。

この会社で働きたい、と思ったのは、会社説明会で社内の様子を見ることができたからです。就活では、意外に社内を見せてくれる会社は少ないんですよね。と ころが、JBSではきちんと社内を見せてもらえて、将来、自分が働いている姿が想像できたんです。みんな若くて、フランクで、仲が良くて、和気あいあいと 楽しく仕事ができる。そういう会社なんだな、と。
入社後、さらに思ったのは、コミュニケーションの取りやすさでした。上司でも先輩でも、何でも聞いていい、という空気がある。だから、ITの知識はまった くなかったんですが、新人時代もすんなり仕事に入っていくことができました。また私は、高校時代から大学卒業までファストフードのアルバイトを7年間続け たこともあって、長く働き続けたいという思いを持っていました。この点でもJBSは産休をはじめ働く女性のための制度もきちんとあり、私が入社したときの 同じ部署の先輩も、すぐに産休に入られたりと、実際に利用している人がたくさんいました。
2014年夏に虎ノ門ヒルズにオフィスが移ってからは、社員食堂ができ、より多くの社員と顔を合わせる機会が増えて、ますます居心地がよくなった気がします。毎日安心して仕事ができる環境です。

HOME