JBSの人

和泉 ひかり

プロジェクトマネージャー

和泉 ひかり
Hikari Waizumi
文学部・現代社会学科
2011年入社

プロジェクトマネージャー

和泉 ひかり Hikari Waizumi
文学部・現代社会学科
2011年入社

和泉 ひかり

仕事について

「できません」とは言わない。
どんなシステムでも、どうにかなるということがわかった。

コンピュータを操るシステムエンジニアの姿に憧れていたんですが、大学の専攻は福祉。でも、心配する必要はありませんでした。初めての仕事は、先輩と2人でのバックアップサーバーの構築。1ヵ月がかりでしたが、見よう見まねで終わってしまいました。しかし次は、製薬会社のお客さまでまったく新しいサーバのシステムを構築するプロジェクトに加わることになり、ここで初めてシステムの全体像を理解することができたんです。ここからちょっとずつ、仕事がわかるようになりました。
今は、商社や物流会社など、多くのお客さまのシステムを担当し、何かご要望があったときは、解決に出向きます。自分でもすごいなと思うのは、「できません」とは言わないことです。自分でわからなければ、社内の先輩に聞けばいい。どんなシステムでもどうにかなる、ということを知りました。そして意外に思われるかもしれませんが、技術の仕事は人と関われる仕事。お客さまと頻繁に連絡を取り合い、信頼をいただいて仲良くなると、最初はいただけなかったようなお話ももらうことができるようになる。そうすることで、お客さまの役に立てる。だから、喜んでもらえます。想像していた以上に面白い仕事だなと思っています。

仕事の魅力

幅広く、いろんなお客さま、いろんなシステムに、
マルチに対応できるシステムエンジニアになれた。

技術の仕事は大きく2つのキャリアがあります。特定の技術を深掘りしてスペシャリスト的な道を目指すか。あるいは、幅広く技術を理解して、いろんなニーズに応えることができるジェネラリスト的な道を目指すか。もちろん前者を目指す道もJBSにはありますが私が今、所属している組織は、いろいろなお客さま、いろいろなシステムを担当する後者。私自身はマルチに動けることができるようになりたかったので、いい配属をしてもらえたと感謝しています。
ITのことはほとんどわからないところから仕事は始まりましたが、JBSにはきちんと育ててもらえる仕組みや風土があります。まだ新人だった頃、プロジェクトの一部でリーダーを任されたことがありました。新人にリーダーなんて、と思いましたが、自分なりにやってみたらなんとかできたんです。褒めてもらえたりもして。大変でしたが、その過程で身についたことは、とても大きかった。そして気が付いたら、後輩に自信を持って教えている自分がいました。なるほど、こうやって成長していくのか、と思いました。ちなみに現在は女性4人だけのプロジェクトを進めています。お菓子を食べながらミーティングすることも、楽しみながら取り組んでいます(笑)

HOME